横を見れば、漫画・ゲームのある日常

漫画・ゲーム好きがただただ喋るブログです。        漫画の紹介ブログは毎週月曜日更新。            ゲームや映画の紹介ブログは不定期になります。       よろしくd(^_^o)

夏休み6日目

あぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(´Д` )

いやぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(´;Д;`)

たすげてぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

終わる!!

終わってしまう!!

 

 

何がって!?

 

それは……

 

 

夏休みが終わってしまうのよ!!!

 

はぁぁ(;´д`)

いつもながら連休の始まりの時は長く感じても終わるとあっっっという間だねぇ(T ^ T)

 

この企画も残すところあと2回ですが最後までお付き合いよろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

では、今回もあなたに質問です❗️

 

触ったら〝呪われる〟とか〝憑かれる〟とかそんな類の物を見たり、実際に触ってしまったりした事はありますか?

 

まぁ、ありますか言うてもなかなかないでしょうけど……

もし、そんなのに触っていて自分の周りに不気味な事が起きたていたりしたらあなたは……

 

 

 

憑かれているかもしれない!!!!!

 

 

今回の主人公もある物に触れてから次々と不気味な現象が起こり始めてしまう!

 

それがーーこちら(*゚▽゚)ノ 

 

『憑石』

憑石

憑石

 

 

放課後の隠れんぼ

校庭の岩陰に隠れる私へ

それは………話しかけてくる

「こんなとこに隠れてちゃ、すぐに見つかっちゃうよ」

「もっといいとこあるよ。」

「絶対に見つからない〝秘密の場所〟

「教えてあげる〝朱梨ちゃん〟

…………

………

……

 

「また、あの夢…やだなぁ…」

子供の頃から何度も見る夢に悩まされている

今作の主人公「杉咲 朱梨」社会人

※朱梨はこの夢の事を〝しゃべる岩の夢〟と呼んでいる

 

会社と自宅を往復するだけの抑揚のない毎日を送っていた。

 

そんなある日、会社に遅刻しそうになり慌てて駅に行くがその日は祝日という事に気付き、家に帰ろうとするとたまに駅で見かける〝イケメン君〟を発見する。

 

朱梨はこのまま家に帰るのがもったいなくなり、せっかくだから前から気になっていた〝イケメン君〟の正体を知ろうと尾行(ストーカーです)をする。

 

尾行するが見失ってしまいカフェ☕️の前で立ち止まっていると

「ちょっと!!入るんならとっとと入ってくんない?つかえてんだけど!!」

と後ろから怒鳴られ振り向くとそこには女子高生「千尋顔色の悪い青年「祥平」がいた。

 

「ん?やけに騒がしいなぁ」

と店からマスターが出てきて3人を店に案内する。

店に入ると例のイケメン君もいた。

※名前は「太郎」イケメンなのに〝太郎〟……

 

「お好きな席へどうぞ」

と言われ朱梨はテーブル席に座ると

「あっ」

「えっ」

とマスターと祥平が声を上げる。

マスターは朱梨に

「こちらの席は暗くありませんか?奥の明るい席が空いてますよ」

と声をかけるが朱梨は

「いっいえ、ここでいいです

と答えると千尋

「うっそ!!あんたどこ座ってんの!?」

「気持ち悪くないの!?鈍感なの!?」

「霊感のない人でも避ける席なのに!!」

「そ…それってどういう…」

「だーかーらーゆ…」

と何か言おうとしたところ太郎が千尋を止め、すかさずマスターが

「気にしないでくださいね。横がトイレなので座る人が少ないってだけなんですよ」

と言う。

 

その後、マスター達がたわいのない談笑をしていると千尋

「ガッコの子がさぁ露店で買ったストラップが捨てても捨てても戻ってくるんだってやばくない?」

「マスターこれってよく聞くパターンだよね?」

「そんなこと僕に言われてもなぁ…神社にでも持って行ったら?」

「それより手っ取り早くさぁ」

「あの石の下に置いていい?ストラップ」

千尋は朱梨が座っているテーブル席にある〝石〟を指差す。

「いっ……石?」

(石って…これ?)

「あの石って、ここの〝地縛霊〟を鎮めるのに置いてあるんでしょ?」

(なぬ!?)

と言う千尋をマスターが少し怒り顔で止まる。

 

モーニングを食べ終え店を出た朱梨はそのまま休日ライフを満喫していると急に立ちくらみを起こす。

そして、かばんの中にはカフェにあった〝石〟が入っていた❗️

「何これ…なんで、こんなものがかばんに…」

(こ…これ…これってあのお店にあった石!?)

 

間違って持ってきてしまったのかと慌てて店に戻るが何故か店がなくなっていた。

朱梨は石をそこに置いて逃げるように去るが

「お嬢さん落としましたよ」

とお婆さんが話しかけ石を渡してくる。

朱梨は気味が悪くなりそこら辺に置いて逃げようとするが

「お姉さんかばん開いてますよ」

と声をかけられ、かばんを見るとそこには〝石〟があった。

それから何度も〝石〟を捨てようとするが戻ってきてしまう。

 

朱梨の身に一体何が起こっているのか、次々と恐怖現象が起こる中1つの解決法が見つかる…

 

『憑石』

機会があれば是非読んでみてねd(^_^o)

 

幽霊達の追い詰め方は神経をすり減らすやり方が多いよね。

じわじわとやってくる。

 

では明日で最後になりますが最後まで見にきてね( ^_^)/~~~